コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島みゆき なかじまみゆき

2件 の用語解説(中島みゆきの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

中島みゆき【なかじまみゆき】

歌手,作詞・作曲家。北海道出身。大学時代から数々のコンテストに入賞,1975年《アザミ嬢のララバイ》でデビュー。同年の《時代》がポプコン本選会および世界歌謡祭でグランプリを獲得,一躍ニューミュージックスター的存在になった。
→関連項目歌謡曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島みゆき なかじま-みゆき

1952- 昭和後期-平成時代のシンガーソングライター。
昭和27年2月23日生まれ。昭和50年「アザミ嬢のララバイ」でレコードデビュー,「時代」で世界歌謡祭グランプリを受賞。「わかれうた」「悪女」など失恋をテーマとするヒット曲を生み,ニューミュージック-ブームをまきおこした。平成10年国語審議会委員。14年NHKプロジェクトX~挑戦者たち~」の主題歌でロングヒットとなった「地上の星」で紅白歌合戦初出場。18年芸術選奨文部科学大臣賞,同年「宙船(そらふね)」で日本レコード大賞作詩賞。北海道出身。藤女子大卒。本名は美雪。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中島みゆきの関連キーワード松任谷由実五輪真弓木下実さだ まさし須田寛高石友也つのだ ひろ長谷川きよし山田紳河野道代

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中島みゆきの関連情報