中川 融(読み)ナカガワ トオル

20世紀日本人名事典の解説

中川 融
ナカガワ トオル

昭和期の外交評論家 元・国連大使;元・駐ソ連大使。



生年
明治44(1911)年3月30日

没年
平成13(2001)年8月31日

出生地
新潟県

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部政治学科〔昭和8年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔昭和57年〕

経歴
昭和8年外務省入省。アジア局長などを経て、34年駐英公使、35年条約局長、38年国際連合局長を兼任。39年駐イタリア大使、40年駐ソ連大使、45年国連大使。退官後、国際電信電話顧問、52年北方領土問題対策協会副会長、55年常設仲裁裁判所裁判官、59年日本国際問題研究所副会長、のち理事長を歴任。外交評論家としても活躍した。また、駐ソ連大使時代に部下の一等書記官に小和田恒氏がいた関係で、61年頃に小和田氏の長女雅子さまを宮内庁に推薦し、皇太子との結婚の仲介役になったことでも知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android