コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中心視 ちゅうしんしfoveal vision

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中心視
ちゅうしんし
foveal vision

網膜像が中心窩 (直径視角約1度の範囲内の網膜中心部位) に映じるような条件下で対象を見ること。中心窩には錐体細胞のみが集っており,周辺視に比べて解像力がすぐれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中心視の関連キーワード網膜脈絡膜萎縮症うっ血乳頭運動知覚黄斑視野

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中心視の関連情報