中村勝右衛門(読み)なかむら かつえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村勝右衛門 なかむら-かつえもん

1818-1867 幕末の武士。
文政元年生まれ。越後(えちご)(新潟県)村松藩尊攘(そんじょう)派。慶応2年下野勘平ら同志6人が藩命で捕らえられると,ひとりのがれるのは恥と自首。慶応3年5月19日自刃(じじん)を命じられた。50歳。名は政清。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android