コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村松藩 むらまつはん

藩名・旧国名がわかる事典の解説

むらまつはん【村松藩】

江戸時代越後(えちご)国蒲原(かんばら)郡村松(現、新潟県五泉(ごせん)市村松地区)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は文武館。藩祖の堀直時(なおとき)は村上藩の藩主堀直寄(なおより)の次男で、1639年(寛永(かんえい)16)、父の遺領のうち3万石を分与されて安田藩を立てた。1644年(正保(しょうほう)1)、直時の子直吉(なおよし)が領地替えとなって村松に陣屋(じんや)をおき、村松藩が成立した。以後明治維新まで11代にわたり存続した。8代直央(なおひさ)のときの1850年(嘉永(かえい)3)に城主格が与えられ、村松陣屋は城に改修された。幕末には尊王を主張する正義派と旧守派が対立、正義派7名が処刑された(村松七士事件)。正義派は11代藩主直弘(なおひろ)を擁立することに成功、直弘は新政府に帰順した。1871年(明治4)の廃藩置県により、村松県を経て新潟県に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村松藩
むらまつはん

越後(えちご)国蒲原(かんばら)郡村松(新潟県五泉(ごせん)市村松地区)を居所とした外様(とざま)藩。藩祖は堀直寄(なおより)(本姓奥田)の次男直時(なおとき)で、1639年(寛永16)同郡安田3万石(新潟県阿賀野(あがの)市)に分封された。1644年(正保1)直時の子直吉(なおよし)が安田から村松に領替えとなって村松藩が成立、以後明治に及ぶ。所領は村松、七谷(ななたに)、下田(しただ)、見附(みつけ)にわたり、新開分を加え実高4万石に達し、9代直央(なおひさ)は城主格となった。村松藩制は元禄(げんろく)(1688~1704)初期には確立され、郷方法度(ごうがたはっと)が施行された。文化(ぶんか)年間(1804~18)に藩老堀玄蕃(げんば)によって藩政改革が実施され、年貢、運上諸役銭などが厳しく取り立てられたため、全藩一揆(いっき)が起きた。幕末には、守旧派と正義党の対立から、勤王派七士が処刑され、戊辰(ぼしん)戦争でも藩論を二分する結果となった。1871年(明治4)廃藩、村松県を経て同年11月、新潟県に編入。[剣持利夫]
『『村松町史 通史編』上下(1982、83・村松町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

村松藩の関連キーワード下田(新潟県)中村勝右衛門五十嵐関八村松[町]見附[市]見附(市)岩崎 ナヲ稲垣覚之丞岡村定之丞下田[村]吉田又内蒲生済助山崎弥平青木青城松平信義下野勘平佐々耕庵蒲生褧亭堀直為泉仙介

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android