中村 左衛門太郎(読み)ナカムラ サエモンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

中村 左衛門太郎
ナカムラ サエモンタロウ

大正・昭和期の地震学者



生年
明治24(1891)年1月29日

没年
昭和49(1974)年11月25日

出生地
東京

別名
号=傾円

学歴〔年〕
東京帝大理科大学実験物理学科〔大正3年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔大正9年〕

経歴
中央気象台に入り地震、気象、地磁気などを研究。大正13年東北帝大理学部教授、物理学科で地球物理学講座担当。昭和26年熊本大学理学部に転じ理学部長。31年定年退官、九州物理探査株式会社社長。36年には熊本商科大学教授を務めた。東北大学名誉教授。著書に「東亜気象学」「地球物理学新講」「子供の気象学」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android