コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中杓鷸 チュウシャクシギ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐しゃくしぎ【中××鷸】

シギ科の鳥。全長42センチくらい。くちばしが長く、下方に曲がっている。日本では春・秋に渡来する旅鳥で、海岸などにみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうしゃくしぎ【中杓鷸】

チドリ目シギ科の鳥。全長40センチメートルほど。体全体が暗色の縞しまのある茶色。くちばしは長く、弓なりに下方へ曲がる。北アメリカ・ユーラシアで繁殖。日本には春秋に旅鳥として渡来。 → しぎ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

中杓鷸 (チュウシャクシギ)

学名:Numenius phaeopus
動物。シギ科の渡り鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android