旅鳥(読み)たびどり

大辞林 第三版の解説

たびどり【旅鳥】

渡り鳥で、繁殖地と越冬地の間を往復する途中、ある地域に姿を見せて一時期生活するが、繁殖も越冬もしない鳥。日本ではシギ・チドリ類に多い。

りょちょう【旅鳥】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旅鳥
たびどり
transientpassage migrant

ある一つの地域でみられる鳥のなかで、毎年規則的にある季節にのみ現れて、その地域では繁殖越冬もしないものをいう。旅鳥は、普通は春と秋、またはその片方だけに出現する。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たび‐どり【旅鳥】

〘名〙 渡り鳥の一種。ある地域に定期的に渡る途中、主として春と秋の二回またはどちらか一回現われ、繁殖も越冬もしない鳥。日本では多くのシギ類、エゾビタキムギマキなど。

りょ‐ちょう ‥テウ【旅鳥】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の旅鳥の言及

【渡り鳥】より

…前者を冬鳥winter bird,後者を夏鳥summer birdという。さらにこれらのほかに,北極圏やシベリア地方で繁殖し,オーストラリア方面まで渡って越冬するオオジシギをはじめトウネン,ムナグロ,ダイゼンなどシギ・チドリ類は,春と秋の年2回日本に立ち寄るので,これらを旅鳥travelerと呼んでいる。またふだんは生息も渡来もしないが,暴風その他の偶然の機会にたまたま訪れるものを迷鳥strayerと呼ぶ。…

※「旅鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旅鳥の関連情報