コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下方 カホウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ほう〔‐ハウ〕【下方】

ある位置よりも下の方。下の方向。⇔上方

した‐かた【下方】

《「したがた」とも》
身分が低いこと。また、その人々。世間の人々。
歌舞伎・舞踊などの囃子方(はやしかた)出囃子(でばやし)で、山台(やまだい)上段の唄・三味線に対して、下段に座るところからいう。

した‐へ【下方】

死後に行くという地下の世界。あの世。黄泉(よみ)の国。
「若ければ道行き知らじ賂(まひ)はせむ―の使ひ負ひて通らせ」〈・九〇五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かほう【下方】

ものの下の方。下の部分。 ↔ 上方

したかた【下方】

〔「したがた」とも〕
下の方。下。
町人や農民。また、その階級。 〔ヘボン(三版)〕
舞踊・歌舞伎などで、囃子方はやしかたのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下方の関連キーワードピンスポット(ダウンライト)ダウンレギュレーションインフラグレーシャル鳴り物師・鳴物師ダッシュボード岩下左次右衛門ダウンライト子午線通過伏見桃山陵下方伸張鎬下がり降り懸魚子宮頚部地すべり腓骨動脈第三脳室氷河下の武蔵野陵行基葺き胃下垂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下方の関連情報