コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下方(読み)カホウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ほう〔‐ハウ〕【下方】

ある位置よりも下の方。下の方向。⇔上方

した‐かた【下方】

《「したがた」とも》
身分が低いこと。また、その人々。世間の人々。
歌舞伎・舞踊などの囃子方(はやしかた)出囃子(でばやし)で、山台(やまだい)上段の唄・三味線に対して、下段に座るところからいう。

した‐へ【下方】

死後に行くという地下の世界。あの世。黄泉(よみ)の国。
「若ければ道行き知らじ賂(まひ)はせむ―の使ひ負ひて通らせ」〈・九〇五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かほう【下方】

ものの下の方。下の部分。 ⇔ 上方

したかた【下方】

〔「したがた」とも〕
下の方。下。
町人や農民。また、その階級。 〔ヘボン(三版)〕
舞踊・歌舞伎などで、囃子方はやしかたのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下方の関連情報