中流の砥柱(読み)ちゅうりゅうのしちゅう

精選版 日本国語大辞典「中流の砥柱」の解説

ちゅうりゅう【中流】 の 砥柱(しちゅう・ていちゅう)

(「砥柱」は中国河南省陝(せん)県の北東、四十清里の黄河の中にある柱状の岩山。砥石(といし)のようになめらかで、激流の中で不動のまま立っている) 砥の如く、乱世に身を処するのに毅然として節を守ることのたとえ。〔鶴年‐自詠詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中流の砥柱」の解説

中流(ちゅうりゅう)の砥柱(しちゅう)

《「砥柱」は黄河の中に柱のようにそそり立っている石で、激流の中でも微動だにしないことから》乱世にあって、毅然(きぜん)として節義を守っていることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android