節義(読み)せつぎ

精選版 日本国語大辞典「節義」の解説

せつ‐ぎ【節義】

〘名〙 人としての正しい道を守りとおすこと。義を守って志をかえないこと。
※家伝(760頃)上「昔者侍衛之士、轂鳴而請死、節義之子、穿地而自殉」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「王女の純孝、夫人の節義(セツギ)を、君真物(きんまんもん)の憐みて」 〔史記‐虞卿伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「節義」の解説

せつ‐ぎ【節義】

節操と道。人としての正しい道を踏み行うこと。「節義を重んじる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android