節義(読み)せつぎ

精選版 日本国語大辞典「節義」の解説

せつ‐ぎ【節義】

〘名〙 人としての正しい道を守りとおすこと。を守って志をかえないこと。
※家伝(760頃)上「昔者侍衛之士、轂鳴而請死、義之子、穿地而自殉」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「王女の純孝、夫人の節義(セツギ)を、君真物(きんまんもん)の憐みて」 〔史記‐虞卿伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「節義」の解説

【節義】せつぎ

節操義行。魏徴〔治道を論ずる〕之れを信ずること篤からざれば、則ち人或いは自ら疑ふ。人或いは自ら疑ふときは、則ち心に(こうしよ)を懷(いだ)く。心に且を懷くときは、則ち義立たず。義立たざるときは、則ち名興らず。

字通「節」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android