コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中途増額制度

1件 の用語解説(中途増額制度の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

中途増額制度

生命保険で、保険期間中に契約者の希望により、すでに加入している保険に定期保険特約や災害割増特約上乗せすることによって死亡保険金額を増額する制度です。したがって保険期間は、元の保険の残余期間と一致し、満期保険金額は元の保険と同額になります。つまり保障の見直しにより死亡保障の増額だけを希望する人には適している制度です。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中途増額制度の関連キーワード他人のためにする保険契約解約・失効率財形貯蓄積立保険・財形貯蓄傷害保険生命保険料率生命保険証券生存給付金付定期保険加入年齢契約者配当(金)短期払込保険個人生命保険

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone