保障(読み)ほしょう

精選版 日本国語大辞典「保障」の解説

ほ‐しょう ‥シャウ【保障】

〙 (「保」は小城、「障」はとりでの意)
① 小城ととりで。城塞。〔春秋左伝‐定公一二年〕
② (━する) ささえ防ぐこと。ささえ保つこと。また、そのもの。
※四河入海(17C前)六「自然のとき、牆やなんどの為に保障にせうかと云ときに」 〔新唐書‐忠義伝中・張巡〕
③ (━する) 責任をもって相手の立場や権利などを保護し守ること。安全を請け合うこと。「社会保障
※露国に対する宣戦の詔勅‐明治三七年(1904)二月一〇日「永く帝国の安全を将来に保障すへき事態を確立するは」

ほう‐しょう ‥シャウ【保障】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「保障」の解説

ほ‐しょう〔‐シヤウ〕【保障】

[名](スル)ある状態がそこなわれることのないように、保護し守ること。「国家の安全を保障する」「社会保障
[類語]保証約束条約取り決め申し合わせやく約定契約協約協定結約盟約誓約確約公約口約内約黙約黙契宣誓血盟特約折り紙つき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「保障」の解説

【保障】ほしよう(しやう)

とりで。まもり。〔左伝、定十二年〕仲由(子路)季氏のと爲り、將(まさ)に三を墮(こば)たんとす。~斂處(こうれんしよほ)、孟孫に謂ふ、~(邑名)は孟氏の保なり。無くんば、是れ孟氏無きなり。~我將(まさ)に墮たざらんとすと。

字通「保」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android