保障(読み)ほしょう

精選版 日本国語大辞典「保障」の解説

ほ‐しょう ‥シャウ【保障】

〘名〙 (「保」は小城、「障」はとりでの意)
① 小城ととりで。城塞。〔春秋左伝‐定公一二年〕
② (━する) ささえ防ぐこと。ささえ保つこと。また、そのもの。
※四河入海(17C前)六「自然のとき、牆やなんどの為に保障にせうかと云ときに」 〔新唐書‐忠義伝中・張巡〕
③ (━する) 責任をもって相手の立場や権利などを保護し守ること。安全を請け合うこと。「社会保障」
※露国に対する宣戦の詔勅‐明治三七年(1904)二月一〇日「永く帝国の安全を将来に保障すへき事態を確立するは」

ほう‐しょう ‥シャウ【保障】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「保障」の解説

ほ‐しょう〔‐シヤウ〕【保障】

[名](スル)ある状態がそこなわれることのないように、保護し守ること。「国家の安全を保障する」「社会保障

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android