保障(読み)ホショウ

デジタル大辞泉の解説

ほ‐しょう〔‐シヤウ〕【保障】

[名](スル)ある状態がそこなわれることのないように、保護し守ること。「国家の安全を保障する」「社会保障

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほしょう【保障】

( 名 ) スル
〔「保」は小城、「障」はとりでの意〕
責任をもって安全を請け合い、一定の地位や状態を保護すること。 「航路の安全を-する」
ささえ防ぐこと。また、そのもの。 → 補償(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐しょう ‥シャウ【保障】

ほ‐しょう ‥シャウ【保障】

〘名〙 (「保」は小城、「障」はとりでの意)
① 小城ととりで。城塞。〔春秋左伝‐定公一二年〕
② (━する) ささえ防ぐこと。ささえ保つこと。また、そのもの。
※四河入海(17C前)六「自然のとき、牆やなんどの為に保障にせうかと云ときに」 〔新唐書‐忠義伝中・張巡〕
③ (━する) 責任をもって相手の立場や権利などを保護し守ること。安全を請け合うこと。「社会保障
露国に対する宣戦の詔勅‐明治三七年(1904)二月一〇日「永く帝国の安全を将来に保障すへき事態を確立するは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保障の関連情報