コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中部ヨーロッパ自由貿易協定(読み)ちゅうぶヨーロッパじゆうぼうえききょうてい(英語表記)Central European Free Trade Agreement; CEFTA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中部ヨーロッパ自由貿易協定
ちゅうぶヨーロッパじゆうぼうえききょうてい
Central European Free Trade Agreement; CEFTA

ポーランド,ハンガリーチェコスロバキアの4ヵ国間で 2001年までに自由貿易地域を創設することをうたった協定。 1992年 12月に4ヵ国政府代表によって調印された。市場経済体制移行後の取引の拡大をはかり,2001年までにすべての品目を自由化することを目標としているが,農産物や工業製品の品目によっては加盟国の間に競争力格差があるため,関税や数量制限の撤廃時期をめぐって問題が残されている。 CEFTAの真のねらいは,これらの国々のヨーロッパ連合 EUへの早期加盟にあり,正式加盟へのステップと位置づけられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android