品目

流通用語辞典「品目」の解説

品目

商品分類用語で、商品分類の小項目下位分類)にあたるもの。品群をさらに品種(類似品目)に分類し、さらに品目に分類する。類似品目ではなく同一品目の分類になる。サイズ・色は異なっても、同じ素材、同じスタイルであれば同一品もとなる。この意味から品目を別名、集合単品と呼ばれることもある。サイズ・色が異なった分類は単品、正確には絶対単品という。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「品目」の解説

ひん‐もく【品目】

〘名〙 品物の種類、目録。また単に種類、項目。
※翰林葫蘆集(1518頃)一三・妙善院殿一周忌拈香拙語「作善品目詳于僧官回向之文焉」
※随筆・文会雑記(1782)附録「数十条の品目をあげ置れたり」 〔書‐恩倖伝論〕

しな‐め【品目】

〘名〙 品物の名目。ひんもく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「品目」の解説

ひん‐もく【品目】

品物の種目。品物の目録。「輸入品目
[類語]内容中身なかみ正味内訳コンテンツ細目種目条項条目部類部門目録書誌書目品書き献立番組カタログリストプログラムメニュー

しな‐め【品目】

品物の種類の名前。ひんもく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「品目」の解説

【品目】ひんもく

品評。また、項目。宋・秦観論議、上〕夫(そ)れ謂(いはゆる)役法なるは、其の科條品目曲折して同じからずと雖も、大抵差二法にぎざるのみ。

字通「品」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android