品目

流通用語辞典「品目」の解説

品目

商品分類用語で、商品分類の小項目下位分類)にあたるもの。品群をさらに品種(類似品目)に分類し、さらに品目に分類する。類似品目ではなく同一品目の分類になる。サイズ・色は異なっても、同じ素材、同じスタイルであれば同一品もとなる。この意味から品目を別名、集合単品と呼ばれることもある。サイズ・色が異なった分類は単品、正確には絶対単品という。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「品目」の解説

しな‐め【品目】

〘名〙 品物名目。ひんもく。

ひん‐もく【品目】

〘名〙 品物の種類、目録。また単に種類、項目。
※翰林葫蘆集(1518頃)一三・妙善院殿一周忌拈香拙語「作善品目詳于僧官回向之文焉」
※随筆・文会雑記(1782)附録「数十条の品目をあげ置れたり」 〔宋書‐恩倖伝論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「品目」の解説

ひん‐もく【品目】

品物の種目。品物の目録。「輸入品目

しな‐め【品目】

品物の種類の名前。ひんもく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android