中里末太郎(読み)なかざと すえたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中里末太郎 なかざと-すえたろう

1897-1991 昭和時代の陶芸家。
明治30年1月26日生まれ。長崎県三川内焼(みかわちやき)薄手白磁技法の保存伝承者。江戸時代以来の伝統技術を継承し,その保存と発展につくす。昭和47年県陶芸協会を設立,49年県無形文化財に指定された。平成3年7月23日死去。94歳。長崎県出身。有田工業卒。号は陽山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android