コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野助能 なかの すけよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野助能 なかの-すけよし

?-? 鎌倉時代の武士。
幕府御家人。信濃(しなの)(長野県)の人。「吾妻鏡」によれば,建保(けんぽ)7年(1219)源実朝を暗殺した公暁の後見人阿闍梨(あじゃり)の勝円を捕らえ,北条義時邸へ連行。寛喜(かんぎ)2年承久(じょうきゅう)の乱での功で領していた筑前(ちくぜん)(福岡県)勝木荘のかわりに筑後(ちくご)(福岡県)高津・包行(かねゆき)の両名田(みょうでん)をあたえられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中野助能の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android