寛喜(読み)カンギ

大辞林 第三版の解説

かんぎ【寛喜】

〔「かんき」とも〕
年号(1229.3.5~1232.4.2)。安貞の後、貞永の前。後堀河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんき【寛喜】

⇒寛喜(かんぎ)

かんぎ【寛喜】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1229年から1232年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇の代の元号。前元号は安貞(あんてい)。次元号は貞永(じょうえい)。1229年(安貞3)3月5日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『後魏書(ごぎしょ)』を出典とする命名。寛喜年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(3代)。1230年(寛喜2)から翌年にかけて、鎌倉時代最大規模といわれる飢饉(ききん)(寛喜の飢饉)が発生した。◇「かんき」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛喜の関連情報