コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛喜 カンギ

デジタル大辞泉の解説

かんぎ〔クワンギ〕【寛喜】

《「かんき」とも》鎌倉前期、後堀河天皇の時の年号。1229年3月5日~1232年4月2日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぎ【寛喜】

〔「かんき」とも〕
年号(1229.3.5~1232.4.2)。安貞の後、貞永の前。後堀河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんき【寛喜】

⇒寛喜(かんぎ)

かんぎ【寛喜】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1229年から1232年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇の代の元号。前元号は安貞(あんてい)。次元号は貞永(じょうえい)。1229年(安貞3)3月5日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『後魏書(ごぎしょ)』を出典とする命名。寛喜年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(3代)。1230年(寛喜2)から翌年にかけて、鎌倉時代最大規模といわれる飢饉(ききん)(寛喜の飢饉)が発生した。◇「かんき」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

寛喜の関連キーワード二階堂行頼(1)別当典侍(1)大納言局(2)寛喜の大飢饉道禅(2)最仁法親王能子内親王昱子内親王姉小路実世加賀美遠光花山院忠経二階堂行清西蓮(1)本子内親王尊円法親王寛喜新制湯浅宗弘明珍宗行詫磨俊賀正法眼蔵

寛喜の関連情報