コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間生成物 チュウカンセイセイブツ

大辞林 第三版の解説

ちゅうかんせいせいぶつ【中間生成物】

化学反応の過程において、出発物質から、最終的な生成物質に至る間、途中で生成する物質。時として非常に不安定で、その段階で分離することが不可能な場合もある。中間体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中間生成物の関連キーワードウィリアムソン(イギリスの化学者 Alexander William Williamson)セルロースキサントゲン酸塩デオキシコルチコステロン高圧連続式ガス製造装置イエローケーキウィリアムソンニトロシル硫酸オレンジミート絶対反応速度論グリオキシル酸デキストリン窒素固定細菌リチウム電池パーキン反応化学反応機構ピルビン酸不完全燃焼放射線化学土壌有機物ノリッシュ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中間生成物の関連情報