本蒔絵(読み)ほんまきえ

精選版 日本国語大辞典「本蒔絵」の解説

ほん‐まきえ ‥まきヱ【本蒔絵】

〘名〙 丸粉(まるふん)を用いて行なう本格的な蒔絵。廉価な蒔絵に用いられる消粉蒔絵や平極蒔絵が研ぎ出せないのに対して、本蒔絵は各種の応用技法が可能である。また、室町時代以来の伝統技法を伝えて正統を誇った幸阿彌家で作った蒔絵をいうこともある。
※浮世草子・好色一代男(1682)三「鼈甲のさし櫛が本蒔絵(ホンマキヱ)にて三匁五分で出来る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本蒔絵」の解説

ほん‐まきえ〔‐まきヱ〕【本×蒔絵】

消し粉蒔絵など簡単な技法による蒔絵に対して、本格的な蒔絵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android