丸鞘/円鞘(読み)マルザヤ

大辞林 第三版の解説

まるざや【丸鞘】

太刀鞘の一種。鎌倉時代から室町時代にかけて行われた、肉厚の太刀を納めるための断面が楕円形に近いもの。 → 平鞘

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の丸鞘/円鞘の言及

【鞘】より

…この下地は朴(ほお)を第一とし,遺品もこれが最も多いが,正倉院のものには牟久木(むくぎ)のほか他の木材を使用したと認められる作もある。これらの鞘の形状は扁平状の平鞘と倒卵状の丸鞘にわけることができ,平安・鎌倉時代には平鞘はおもに実戦に用いる兵仗に,丸鞘は儀仗に用いられた。室町時代から江戸時代には丸鞘が一般的となり,これに線巻の鞘にならって巻き上げたように刻みを入れた刻鞘(きざみざや)も見られる。…

※「丸鞘/円鞘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android