丹鉛(読み)たんえん

普及版 字通「丹鉛」の解説

【丹鉛】たんえん

と白。校訂に用いる。〔漢学師承記、六、盧文〕東原(戴震)とはり善し。始めて心を學に潛(ひそ)め、讐(しうかう)(本文の校訂)にし。歸田後二十餘年、めてを事とし、に垂(なんなん)とするもへず。

字通「丹」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android