コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主の日 シュノヒ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐の‐ひ【主の日】

キリスト教で、日曜日のこと。主日(しゅじつ)。→安息日

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の主の日の言及

【最後の審判】より

…預言者の時代になると,審きはイスラエルの敵ばかりではなく,イスラエル人に対しても向けられたものと理解される。それは〈主の日Day of the Lord〉と呼ばれ,恐るべき審判の時である。しかしそれが最後ではなく,〈終りの日〉には主の恵みが支配することが告げられる。…

※「主の日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

主の日の関連キーワードテサロニケ人への手紙沂南画像石墓風月庄左衛門越山太刀三郎蔭涼軒日録広橋家文書クリスマスキリスト教多聞院日記ゼパニヤ書最後の審判土佐光信ドミンゴヨエル書鹿苑日録柴崎城ミサ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主の日の関連情報