コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主桁 シュゲタ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐げた【主桁】

橋の荷重を支える桁。桁橋で、水平方向に渡した桁。
航空機の主翼で、翼に働く荷重、特に曲げ荷重を支える

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅげた【主桁】

中心となる桁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の主桁の言及

【橋】より

…土層が非常に厚いときは杭と土の摩擦で杭の支持力を確保しなければならないことがある。 上部構造のうち,橋台や橋脚に直接支えられる主桁(主構ともいう)は,橋の中でもっとも目だつ部分である。交通物がのる橋床は直接に,あるいは縦桁や横桁(床桁ともいう)を介して主桁に支えられる(図1-b)。…

※「主桁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

主桁の関連キーワードプレストレストコンクリート構造プレートガーダー橋橋(はし)ラーメン橋アーチ橋可動橋単純梁斜張橋木橋橋床桁橋中心

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android