コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保 全雄 クボ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

久保 全雄
クボ マサオ

昭和期の医師 新日本医師協会名誉会長。



生年
明治44(1911)年10月1日

没年
平成1(1989)年5月16日

出生地
東京都千代田区

学歴〔年〕
日本医科大学〔昭和11年〕卒

経歴
保健衛生、労働行政に携わり、昭和25年結成された新日本医師協会に参加、本部事務局長、幹事長などで活動。34〜36年青森県八戸市周辺で小児マヒが大流行した際、母親たちの「子供を小児マヒから守る中央協議会」の組織づくり、助言者としてソ連の生ワクチンを緊急輸入、接種の実施に踏み切らせた。またアジア産業保健会議(現アジア労働保健会議)、日本民族医学研究所の設立に参加。40年には新潟水俣病栽判の原告側補佐人として証言に立った、50年から日本学術会議会員(第7部)。著書に「生きる条件」「小児マヒ」「母親運動十年の歩み」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android