コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生ワクチン なまワクチン live attenuated vaccines

4件 の用語解説(生ワクチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生ワクチン
なまワクチン
live attenuated vaccines

ワクチンに含まれている細菌,ウイルスが,弱毒化されているが,生きているもの。痘瘡の痘苗,結核の BCG脊髄性小児麻痺 (急性灰白髄炎) に対するセービンワクチンなどがある。保存用に凍結乾燥を行なったものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なま‐ワクチン【生ワクチン】

毒性の弱い、もしくは毒性を弱めた細菌ウイルスを生きたまま使うワクチン痘苗(とうびょう)BCGポリオワクチンなどがある。生菌(せいきん)ワクチン。→不活化ワクチン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なまワクチン【生ワクチン】

毒性を弱めた生きた細菌・ウイルスを含むワクチン。 → ワクチン

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生ワクチン
なまわくちん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の生ワクチンの言及

【ポリオ】より

…19世紀末から20世紀にかけて欧米を中心に世界的流行が繰り返され,日本でも1938年と40年に関西地方,49年には東北,北海道地方で流行をみた。60年には届出患者数5606人であったが,61年に生ワクチンの一斉接種(飲むワクチンであるが,接種という)の結果,75年には21人,76年4人,その後年間の発生は1~2人であるが,届出は0と激減した。
[ポリオウイルスとポリオの病因]
 ポリオウイルスは,RNAウイルスのピコウイルス属に属する直径25nmの球状のウイルスで,血清学的にはI型(ブルンヒルデ型),II型(ランシング型),III型(レオン型)の3型に分類される。…

【ワクチン】より

…ジフテリアトキソイド,破傷風トキソイドがその典型的な例であり,ワクチンの一つとして実用になっている。同様の原理で細菌,ウイルスを殺すが抗原性を保たせた死菌(不活化)ワクチン,あるいは病原性を種々の方法でなくした生ワクチンが用いられている。 日本で現在用いられているワクチンは,ジフテリア,破傷風,ハブ等のトキソイド,コレラ,ワイル病等の死菌ワクチン,百日咳の精製ワクチン,結核のBCG生ワクチン,日本脳炎,インフルエンザ等の精製ワクチン,ポリオ,麻疹,風疹,ムンプス(流行性耳下腺炎)等の生ワクチンなどである。…

※「生ワクチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生ワクチンの関連キーワード中毒学トキシコゲノミクス選択毒性毒性亜急性毒性試験急性毒性急性毒性試験細胞毒慢性毒性試験TEQ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生ワクチンの関連情報