コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久松祐之 ひさまつ すけゆき

美術人名辞典の解説

久松祐之

国学者・歌人。通称五十之助、号は翠翁・幽篁庵。江戸の人。幕府旗下の士で近藤石見守の組。国学・歌道小林歌城の門で学ぶ。著書に『詞のさきくさ』『近世事物考』等がある。弘化5年(1848)歿

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久松祐之 ひさまつ-すけゆき

?-? 江戸時代後期の国学者。
幕臣。小林歌城(おばやし-うたぎ)にまなび,嘉永(かえい)4年(1851)刊の「江戸年中行事」などを編集。岡田氷壺門下の俳人でもあり,俳論書「俳諧竜雀」をまとめた。江戸出身。通称は五十之助。号は翠翁,幽篁庵。著作に「近世事物考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久松祐之の関連キーワード国学者幕臣

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android