コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林歌城 おばやし うたぎ

美術人名辞典の解説

小林歌城

江戸の幕臣。通称田兵衛、初名元雄、字子駿号髠岳堂、雲衣堂、晩年剃髪して歌城とよぶ。幕府大番頭なり。19才の時村田春海の門に入り、深く国学を収め広く群籍を渉る。本居宣長にも学ぶ。和歌を巧にし又文法語格に精す。著書に『歌城集』『桂園一枝遺評』等あり。文久2年(1862)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林歌城 こばやし-うたぎ

おばやし-うたぎ

小林歌城 おばやし-うたぎ

1779*-1862 江戸時代後期の武士,国学者。
安永7年12月13日生まれ。幕臣。寛政8年村田春海(はるみ)に入門,清水浜臣(はまおみ)と同門。文法語法にくわしかった。文久2年2月8日死去。85歳。名は元雄,昌雄。字(あざな)は子駿。通称は田兵衛。別号に雪衣堂,髠岳堂。歌集に「歌城歌集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林歌城の関連キーワード佐々木春夫寺山吾髪仲田顕忠久貝正典植村正道久松祐之寺山吾鬘国学者林国雄