久米 秀治(読み)クメ シュウジ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の小説家



生年
明治20(1887)年4月1日

没年
大正14(1925)年1月1日

出生地
神奈川県横浜

学歴〔年〕
慶応義塾大学文学部哲学科〔大正3年〕

経歴
在学中の明治44年12月の「三田文学」に処女作」を発表。「三田文学」「スバル」などに永井荷風の影響を受けた浪漫的作品を書いた。大学卒業後帝国劇場に入り、有楽座主事となり、劇場経営に従事。久保田万太郎ら執筆の「久米秀治追悼録」(三田文学)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android