コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙仲 おつなか

大辞林 第三版の解説

おつなか【乙仲】

〔第二次大戦前の旧海運組合法に基づく「乙種海運仲立業」の略から〕
通関代行業者。海運業者。フォワーダー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乙仲
おつなか

旧海運組合法で定められていた乙種海運仲立業の略称。同法は1947年(昭和22)に廃止され、現行の港湾運送事業法(昭和26年法律第161号)で定める一般港湾運送事業のうち、海運貨物取扱業者(海貨業者と略称)をさすが、長く海運・貿易業界で使われていたため、いまでも慣用的に使われることがある。[鳥谷剛三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

乙仲の関連キーワード乙種海運仲立人フォワーダー乙仲業者

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android