乙仲(読み)おつなか

大辞林 第三版の解説

おつなか【乙仲】

第二次大戦前の旧海運組合法に基づく乙種海運仲立業の略から
通関代行業者。海運業者。フォワーダー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乙仲
おつなか

旧海運組合法で定められていた乙種海運仲立業の略称。同法は1947年(昭和22)に廃止され、現行の港湾運送事業法(昭和26年法律第161号)で定める一般港湾運送事業のうち、海運貨物取扱業者(海貨業者と称)をさすが、長く海運・貿易業界で使われていたため、いまでも慣用的に使われることがある。[鳥谷剛三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android