コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現行 げんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現行
げんぎょう

仏教用語。唯識説によると,人間の心の根底をなす普遍的な本識である阿頼耶識には,この世の一切のものを生じる原因としての種子 (しゅうじ) が蔵されているが,この種子より生じた事象を現行といい,その現象を種子生現行という。生じた現行が必ず新しい種子を阿頼耶識のうえに付加することを現行熏種子という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐こう〔‐カウ〕【現行】

現在行われていること。「現行の制度」「内容は現行どおりで変更はない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんこう【現行】

現在行われていること。 「 -の料金体系」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

現行の関連キーワード高品位テレビジョン内裏儀式・内裏式グレゴリオ暦NTSC信号準有配当保険ポツダム政令納税の義務地方六団体既存不適格学校の英語制度設計常人逮捕責任年齢犯罪事実行政長官就学年齢遺言養子合法主義完全雇用最高法規

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現行の関連情報