コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同法 ドウホウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐ほう【同法】

(‐ハフ)
㋐同じ方法や手段。また、同じ規則や法律。
㋑前に話題にのぼった、その方法・法律。
(‐ホフ) 《「どうぼう」とも》同じ師について仏法を修行した仲間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうほう【同法】

〔歴史的仮名遣い「どうはふ」〕
同じ方法。同じ法律。
[1] (前に述べた)その法。
〔歴史的仮名遣い「どうほふ」〕 同じ師について仏教を修行する仲間。 「古き-に値あいて/今昔 15

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

同法の関連キーワード架空電子メールアドレス社会主義者鎮圧法日本弁護士連合会検証(刑事訴訟)争点証拠整理手続検察官(司法)公示催告手続都道府県議会被爆者援護法会計監査人区分所有権副市町村長治安維持法市町村議会民事保全法裁判員制度国家賠償法仮名遣い人事訴訟弁論主義

同法の関連情報