同法(読み)どうほう

精選版 日本国語大辞典「同法」の解説

どう‐ほう【同法】

〘名〙
[一] (:ハフ)
① 同じ方法・手段。また、同じ規則法律。〔史記‐商君伝〕
② 前に述べたその方法やきまり。
[二] (:ホフ) (「どうぼう」とも) 同じについて仏道修行に励む仲間、または信仰を同じくした仲間。同門の
経国集(827)一〇・留別青龍寺義操阿闍梨〈空海〉「同法同門喜遇深」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「同法」の解説

どう‐ほう【同法】

(‐ハフ)
㋐同じ方法や手段。また、同じ規則や法律。
㋑前に話題にのぼった、その方法・法律。
(‐ホフ) 《「どうぼう」とも》同じ師について仏法を修行した仲間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android