コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙姫海老 おとひめえび

大辞林 第三版の解説

おとひめえび【乙姫海老】

海産のエビ。体長約5センチメートル。全身が小さいとげでおおわれ、頭胸甲・腹部・第三脚に白地に濃赤色の鮮やかな横縞があり美しい。岩礁にすみ、ウツボ・ハタなど大形魚類の外部寄生虫を取り除く習性をもつ。房総半島以南の太平洋、インド洋などに広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

乙姫海老の関連キーワード外部寄生虫インド洋太平洋頭胸甲分布体長腹部岩礁横縞海産白地習性

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android