コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九仞の功を一簣に虧く キュウジンノコウヲイッキニカク

デジタル大辞泉の解説

九仞(きゅうじん)の功を一簣(いっき)に虧(か)く

《「書経」旅獒から》高い山を築くのに、最後のもっこ1杯の土が足りないために完成しない。長い間の努力も最後の少しの過失からだめになってしまうことのたとえ。
[補説]「簣」は、もっこ、「虧」は、欠に同じ。「九仞の功を一気に虧く」と書くのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうじんのこうをいっきにかく【九仞の功を一簣に虧く】

〔書経 旅獒
九仞の高い山を築くのに、最後の一杯の簣もつこの土を欠いても完成しない。転じて、長い間の努力も終わりぎわのわずかな失敗一つで完成しない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

九仞の功を一簣に虧くの関連キーワード九仞・九仭

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android