コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フゴ

5件 の用語解説(畚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふご【×畚】

竹・わら・縄などで網状に編み、四すみにつりひもをつけ、物を入れて運ぶ用具。もっこ。
釣った魚を入れるかご。びく。

もっ‐こ【×畚】

《「も(持)ちこ(籠)」の音変化》縄などで編んだ正方形の網の四隅につり綱を付け、棒でつって土砂や農産物などを入れて運ぶ道具。もっこう。「をかつぐ」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふご【畚】

物を運搬するために用いる竹や藁わらで編んだかご。もっこ。
びく。釣った魚を入れるかご。

もっこ【畚】

〔「もちこ(持籠)」の転〕
縄を網のように四角に編み、石や土を入れて四隅をまとめるようにしてかついで運ぶ道具。軽籠かるこ。もっこう。 「 -をかつぐ」

もっこう【畚】

もっこ(畚) 」に同じ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畚の関連情報