コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フゴ

デジタル大辞泉の解説

ふご【×畚】

竹・わら・縄などで網状に編み、四すみにつりひもをつけ、物を入れて運ぶ用具。もっこ。
釣った魚を入れるかご。びく

もっ‐こ【×畚】

《「も(持)ちこ(籠)」の音変化》などで編んだ正方形の網の四隅につり綱を付け、棒でつって土砂や農産物などを入れて運ぶ道具。もっこう。「をかつぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふご【畚】

物を運搬するために用いる竹や藁わらで編んだかご。もっこ。
びく。釣った魚を入れるかご。

もっこ【畚】

〔「もちこ(持籠)」の転〕
縄を網のように四角に編み、石や土を入れて四隅をまとめるようにしてかついで運ぶ道具。軽籠かるこ。もっこう。 「 -をかつぐ」

もっこう【畚】

もっこ(畚)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

畚の関連キーワード煽てと畚には乗りやすい九仭の功を一簣に虧くふごっぺ洞窟軽籠・軽篭桑原老父巨人伝説加茂川石当て事苗売り八幡平民具軽籠網状用具茶入煽て軽子