(読み)もっこ

精選版 日本国語大辞典「畚」の解説

もっ‐こ【畚】

〘名〙 (「もちこ(持籠)」の変化した語)
藁筵(わらむしろ)や、藁縄に編んだものの四隅をつけて、土・石などを盛り、で担って運ぶ。もっこう。もこ。もうこ。
※応永本論語抄(1420)子罕第九「もっこと云物也。に人あって大山を作り立んに、今一もっこをかは此山可成就。一もっこに成て退屈してをかはも置べし」

ふご【畚】

〘名〙
① 農夫などが物を入れて運ぶのに用いる、縄の紐のついたかごの一種。竹や藁で編んだもの。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※広本拾玉集(1346)一「早蕨の折にしなればの女がふこ手にかくる野辺の夕暮」
② 魚を入れるかご。びく
※読本・近世説美少年録(1829‐32)一「船なる魚籃(フゴ)を、もて来て」

もっ‐こう【畚】

〘名〙
① 「もっこ(畚)」の変化した語。
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)二「もっかうに指荷はせ肩肘いからし引添たり」
※合巻・正本製(1815‐31)八「六尺と思ふたれど、どうも引張たりぬから緋縮緬を二尺かうて木工(モッコウ)にしてしめてきた」

いしみ【畚】

〘名〙 竹で編んだかご。いしみけ。たけかご。ふご。
※散木奇歌集(1128頃)恋下「君をこそあさはの原にをはぎつむ賤(しづ)のいしみのしみ深く思へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「畚」の解説

もっ‐こ【×畚】

《「も(持)ちこ(籠)」の音変化》縄などで編んだ正方形の網の四隅につり綱を付け、棒でつって土砂や農産物などを入れて運ぶ道具。もっこう。「をかつぐ」

ふご【×畚】

竹・わら・縄などで網状に編み、四すみにつりひもをつけ、物を入れて運ぶ用具。もっこ。
釣った魚を入れるかご。びく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android