コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九尾の狐 キュウビノキツネ

デジタル大辞泉の解説

きゅうび‐の‐きつね〔キウビ‐〕【九尾の×狐】

9本の尾をもつ狐。古くはめでたい獣とされたが、後には、多くの年を経た妖狐とされた。金毛九尾の狐。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

九尾の狐

古典落語の演目のひとつ。前半は講談調、後半は落語調に転じる。二代目三遊亭小圓朝が演じた。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうびのきつね【九尾の狐】

尾の九つある狐。
中国の古伝説で、太平の世に出るというめでたい獣。
体毛が金色の老狐。妖狐とされる。金毛九尾の狐。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の九尾の狐の言及

【玉藻前】より

…伝説上の美女。鳥羽法皇の寵姫(ちようき)玉藻前は,天竺(てんじく)と中国において,婬酒によって王を蕩(とろか)し,すこぶる残虐な所行や悪の限りをつくした果てに,日本に飛来した金毛九尾(きゆうび)の狐の化身であった。この妖狐は,陰陽師安倍泰成に正体を見破られ,那須野に逃げるが射殺され,その霊は石と化して近寄る人や鳥獣を殺す殺生石(せつしようせき)になったという。…

※「九尾の狐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

九尾の狐の関連キーワード那須湯本[温泉]九尾の狐伝説殺生石(能)玉藻前曦袂那須(町)きゅーびー溝口華央古典落語牧野省三玉藻の前玉藻前殺生石退休寺金色体毛

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九尾の狐の関連情報