九鼎竺重(読み)きゅうてい じくじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九鼎竺重 きゅうてい-じくじゅう

?-? 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都建仁寺(けんにんじ)大中庵にはいり,日岩一光の法をつぐ。江西竜派(こうぜい-りゅうは)(1375-1446),九淵竜賝(きゅうえん-りゅうちん)らとまじわって詩文をつくる。摂津広厳寺(兵庫県),山城(京都府)妙光寺の住持もつとめた。法名を器重(きちょう)とする説もある。別号に錦菜。著作に「九鼎重禅師疏(しょ)」「蘋薺(ひんせい)集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android