コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九鼎竺重 きゅうてい じくじゅう

1件 の用語解説(九鼎竺重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九鼎竺重 きゅうてい-じくじゅう

?-? 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都建仁寺(けんにんじ)大中庵にはいり,日岩一光の法をつぐ。江西竜派(こうぜい-りゅうは)(1375-1446),九淵竜賝(きゅうえん-りゅうちん)らとまじわって詩文をつくる。摂津広厳寺(兵庫県),山城(京都府)妙光寺の住持もつとめた。法名を器重(きちょう)とする説もある。別号に錦菜。著作に「九鼎重禅師疏(しょ)」「蘋薺(ひんせい)集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

九鼎竺重の関連キーワード鉄牛臨済禅惟三宗叔一華心林大弁正訥天釈禅弥徳祥正麟無言昌謹藍田素瑛子才清鄴

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone