乱がはし(読み)ラウガハシ

デジタル大辞泉の解説

らう‐がは・し【乱がはし】

[形シク]ろうがわし

ろう‐がわ・し〔ラウがはし〕【乱がはし】

[形シク]《「らう」は「乱」の字音「らん」の「ん」を「う」と表記してできたもの》
乱雑である。むさくるしい。
「前栽(せざい)を―・しく焼きためるかな」〈かげろふ・下〉
騒がしい。騒々しい。
「いと、―・しく泣きとよむ声いかづちにも劣らず」〈・明石〉
無作法である。
「食ひかなぐりなどし給へば、あな―・しや」〈横笛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうがわし【乱がはし】

( 形シク )
〔「らう」は「乱」の字音「らん」の「ん」を「う」と表記したもの〕
乱雑である。みだりがわしい。むさくるしい。 「 - ・しきさまに侍る罪は、おのづからおぼし許されなむ/源氏 柏木
騒がしい。やかましい。 「又なく-・しき隣の用意なさを/源氏 夕顔
無作法である。 「取りちらかして食ひかなぐりなどし給へば、あな-・しや/源氏 横笛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android