コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾酪性肺炎 かんらくせいはいえんcaseous pneumonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾酪性肺炎
かんらくせいはいえん
caseous pneumonia

結核性肺炎の一種で,病巣部にチーズ状の乾酪変性が認められる。増殖性結核と異なり,漿液線維素白血球,大単核球などの滲出が強く,広範に肺葉全体が侵されることが多い。結核菌に対するアレルギーが関係していると考えられている。最近はほとんどみられない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android