漿液(読み)しょうえき(英語表記)serum

  • ×漿液
  • しょうえき シャウ‥
  • しょうえき〔シヤウ〕

翻訳|serum

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物体内にあり、ムチンを含まず無機塩類やタンパク質を含む粘性の少ない液をいう。粘液の対語。涙腺(るいせん)から分泌される涙や、唾液腺(だえきせん)から分泌される唾液の一部をなし消化酵素を含むものなどがある。そのほか、腹膜腔(こう)、心膜腔、胸膜腔などの漿膜腔にもあり、臓器の摩擦を防いでいる。

[内堀雅行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① しる。つゆ。
※牙氏初学須知(1875)〈田中耕造訳〉四上「漿液を含むが故に、膨脹して大塊を成す者あり、球根と名づく」
② 粘性物質の少ない比較的さらさらした分泌液。涙や唾液など。粘液に対していう。
※七新薬(1862)三「急性の腹水腫、及び胸膜間漿液滲出の症に用ひて効あり」
③ 漿膜から分泌される透明な液。臓器の摩擦を防ぐ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の漿液の言及

【粘液】より

…生体内でつくられる粘性の高い液体をいい,粘液腺mucous glandで生産,分泌される。これに対して,漿液(しようえき)腺でつくられる粘性の低い液体は漿液と呼ばれる。環形動物,軟体動物(ナメクジ),魚類(ウナギ),両生類には皮膚の表皮細胞の間に粘液腺として皮膚腺があり,粘液を分泌して体表をおおい,これを保護するものがある。…

※「漿液」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android