コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀山焼

1件 の用語解説(亀山焼の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

亀山焼

オランダ船に水がめを売り込むために、1807(文化4)年に作られ始めたとされる。長崎奉行所の指導で白磁を作るようになったが、経営難で1865(慶応元)年に廃窯になった。中国から絵付けの材料を輸入するなど、長崎の豊かさと文化を背景に格調高い作風を完成させた。中国で縁起物とされるコウモリが描かれるなど唐様の絵柄が特徴という。

(2009-04-16 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀山焼の関連キーワードオランダ通詞オランダ屋敷オランダ競売法オランダ坂オランダ渡り売口オランダ風説書迫り込む手繰り込むソフト・セル

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亀山焼の関連情報