事に触れて(読み)コトニフレテ

デジタル大辞泉の解説

事(こと)に触れて

何かのことに関連して。何かにつけて。折に触れて。「事に触れてそのをもち出す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ことにふれて【事に触れて】

何かにつけて。折にふれて。 「 -思い出す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こと【事】 に 触(ふ)れて

何かのことに関連して。何かにつけて。折に触れて。機会があるたびごとに。
※後撰(951‐953頃)雑二・一一二七・詞書「かの家ににふれてひぐらしといふ事なん侍りける」
※大鏡(12C前)五「ことにふれてあそばせる詩・和哥など」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android