コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詞書 ことばがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詞書
ことばがき

絵巻の物語の筋,内容を説明した文章。絵の前段に書かれるのが一般的形式であるが,特殊な例として一部分を絵の中に注釈,会話として書込んだものがある。かな交り文が大部分であるが,『絵因果経』『華厳五十五所絵巻』『十二類因縁絵巻』などのように,経文,あるいは経文の一部,漢文体のものもある。

詞書
ことばがき

和歌の前につけ,作歌の時,所,事情などを簡単に説明する文章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ことば‐がき【詞書(き)/言葉書(き)】

和歌や俳句の前書きとして、その作品の動機・主題・成立事情などを記したもの。万葉集のように、漢文で書かれたものは題詞(だいし)という。
絵巻物の絵に添えられた説明文。
絵本などで、画中の人物の会話文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

詞書【ことばがき】

絵巻の中の文章の部分。《鳥獣戯画》のように詞書のないものもあるが,普通の絵巻は絵と詞書からなり,絵は詞書の造形的(さし絵的)説明の役をし,詞書もまた絵の補足をし,二つは密接な関係をもつ。
→関連項目石山寺縁起絵巻北野天神縁起絵巻弘法大師行状絵巻

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ことばがき【詞書】

和歌で、その歌を作った日時・場所・背景などを述べた前書き。題詞。序。端書き。
絵巻物で、絵の前後にある説明文。
絵本・草双紙くさぞうしなどで、人物の会話を記した文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詞書
ことばがき

歌学用語。「題詞(だいし)」とも、単に「詞(ことば)」ともいう。主として歌集で、歌の前に置かれ、歌の題や歌を詠んだ事情などを述べたもの。『万葉集』は漢文で記してあるが、『古今和歌集』以後はほとんど和文である。短詩形のために表現不足となりやすく、詞書を借りることが効果的な場合があるのである。比較的短いのが普通だが、『後撰(ごせん)和歌集』や『伊勢(いせ)集』で長い詞書をもつものもあり、これらは物語的であるといわれる。また、歌集で、歌の成立事情や異伝などが歌のあとに書かれていて、詞書と補い合って歌の理解に資するものもあり、これを「左注」という。なお、物語類の和歌の前後の文は、「地の文」とよんで詞書と区別している。[新井栄蔵]
 絵巻などで、絵の前後にある、絵の内容について説明した文章、あるいは画中に登場人物のことばを書いたものも詞書という。絵だけを鑑賞するのでは、その時間的経過や事柄の推移の理解は不十分なので、もともと詞書はそれを補助する役割のものであった。詞書を朗読しながら絵を楽しむ一方、詞書の書の美しさも鑑賞の対象であり、執筆には能書が選ばれるのが常であった。また、その料紙も、絵の部分にふさわしく技巧を凝らした美しいものが用いられている。[尾下多美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の詞書の言及

【絵巻】より

…絵巻物とも呼ぶ。この名称は江戸時代に一般化したもので,古代・中世においては〈……絵〉と称され,また今日では絵巻と同義語のように用いられている〈絵詞〉は本来,絵巻の詞書(ことばがき)を指すものであった。この巻物形式の絵画は中国から伝わり(中国では画巻と呼ぶ),日本で独自の発展をとげ,日本絵画史の代表的な領域を形成した。…

※「詞書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

詞書の関連キーワード紫式部日記絵巻夕さりつ方あどう語り心地損なう石山寺縁起枕草子絵巻唐土の判官罷り逢ふ慕帰絵詞歩き初め有らぬ世立たむ月謎謎物語題知らず果ての業押し包み雷鳴の壺空物語畳ん紙野良藪

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詞書の関連情報