コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二の替(わ)り ニノカワリ

デジタル大辞泉の解説

に‐の‐かわり〔‐かはり〕【二の替(わ)り】

京阪の歌舞伎で、正月興行のこと。また、その上演狂言顔見世の次の興行なのでいう。二の替わり狂言。 新年》
演劇興行の中で、初日からの演目を入れ替えたあとの興行。また、その演目。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の二の替(わ)りの言及

【歌舞伎】より

…江戸では〈初春興行〉といい,享保期以後は各座とも曾我狂言を上演することが習慣となって定着した。上方では〈二の替り〉と称し,年間の興行のうちもっとも演劇的な内容を重視した狂言を演ずることとし,必ず廓の場面がある約束で,外題に〈けいせい(傾城,契情)〉の文字を含ませる習慣があった。江戸の例でいうと,初春興行の曾我狂言に立てた大名題はなるべくそのまま残し,3月の〈弥生(やよい)興行〉,5月の〈皐月(さつき)興行〉には,一番目の不評の場を抜いて二番目,三番目を出していき,5月28日の曾我祭まで行くことができれば大成功としたものである。…

※「二の替(わ)り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone