コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔見せ/顔見世 カオミセ

1件 の用語解説(顔見せ/顔見世の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かお‐みせ〔かほ‐〕【顔見せ/顔見世】

[名](スル)
大ぜいの前に初めて顔を見せること。人前に出ること。
(顔見世)遊女や芸者などが、初めて勤めに出るとき、揚屋や料亭などにあいさつして回ること。
(顔見世)歌舞伎年中行事の一。江戸時代、年一度の各座の俳優の交代のあと、新規の顔ぶれで行う最初の興行。11月(京坂では宝暦期から12月)に行われ、江戸・京都・大坂でそれぞれしきたりがあった。現在、本来の意義は失われたが、東京では11月、京都では12月にこの名の興行が行われる顔見世芝居顔見世興行。顔ぶれ。 冬》「―や子々孫々も此の桟敷(さじき)/太祇

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

顔見せ/顔見世の関連キーワード目見雲霞講演参集初会独話隔て顔繰込む鯨波食い初め

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone