二十七宿(読み)にじゅうななしゅく

占い用語集「二十七宿」の解説

二十七宿

天の黄道付近を27の「星宿」と呼ばれる星座に分割したもの。インド占星術ナクシャトラの考え方が基になっている。27の「星宿」は中国の天文学占星術で用いられ、この「二十七宿」のどこに月が入っているかで、日の吉凶を判断する。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android