星宿(読み)セイシュク

世界大百科事典 第2版の解説

せいしゅく【星宿】

〈しょうしゅく〉とも読まれ,古代中国において天球上の28の座を意味する二十八宿のことであるが,仏教の尊像としては〈星宿〉より〈宿曜(しゆくよう)〉という語があり,二十八宿をはじめ十二宮,七曜および九曜なども含め,星や星座を神格化した諸尊を総称していう。これらは単独で信仰され造像されることはないが,密教の修法である北斗七星法に用いる北斗曼荼羅(星曼荼羅)の中に表される。北斗曼荼羅は一字金輪仏頂を本尊とする3重の曼荼羅で,内院に本尊とそれをとりまく北斗七星7尊と九曜9尊,第二院に十二宮の12尊,外側の第三院に二十八宿28尊を描く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいしゅく【星宿】

昔、中国で星を二十八宿にまとめた、その星座。

ほとおりぼし【星宿】

二十八宿の星せい宿の和名。海蛇座の七星からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐しゅく シャウ‥【星宿】

〘名〙 (「しょう」は「星」の呉音) =せいしゅく(星宿)
※観智院本三宝絵(984)下「日月星宿の光諸のやみをてらすも」

せい‐しゅく【星宿】

[1] 〘名〙 ほし。天球上の恒星、その見かけの集団。宿は、古く中国で天球を三垣二八宿に区分したことに由来する。しょうしゅく。
※菅家文草(900頃)一二・為諸公主奉為中宮修功徳願文「金泥字書、青紺色紙、譬如有名星宿麗晴天以放光、無価花房排宝樹而連上レ蔕」
[2] =せい(星)(二)

ほとおり‐ぼし ほとほり‥【星宿】

二十八宿の南方七宿の四番目。星(せい)の和名。海蛇座のα(アルファ)星を中心とする星宿。「熱(ほとお)る星」の意で、赤く熱するように見えたところからいうか。せいしゅく。
※和爾雅(1688)一上「二十八宿、〈略〉星(ホトヲリホシ)

ほとほり‐ぼし【星宿】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の星宿の言及

【星宿】より

…〈しょうしゅく〉とも読まれ,古代中国において天球上の28の星座を意味する二十八宿のことであるが,仏教の尊像としては〈星宿〉より〈宿曜(しゆくよう)〉という語があり,二十八宿をはじめ十二宮,七曜および九曜なども含め,星や星座を神格化した諸尊を総称していう。これらは単独で信仰され造像されることはないが,密教の修法である北斗七星法に用いる北斗曼荼羅(星曼荼羅)の中に表される。…

※「星宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android