コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星宿 セイシュク

世界大百科事典 第2版の解説

せいしゅく【星宿】

〈しょうしゅく〉とも読まれ,古代中国において天球上の28の座を意味する二十八宿のことであるが,仏教の尊像としては〈星宿〉より〈宿曜(しゆくよう)〉という語があり,二十八宿をはじめ十二宮,七曜および九曜なども含め,星や星座を神格化した諸尊を総称していう。これらは単独で信仰され造像されることはないが,密教の修法である北斗七星法に用いる北斗曼荼羅(星曼荼羅)の中に表される。北斗曼荼羅は一字金輪仏頂を本尊とする3重の曼荼羅で,内院に本尊とそれをとりまく北斗七星7尊と九曜9尊,第二院に十二宮の12尊,外側の第三院に二十八宿28尊を描く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいしゅく【星宿】

昔、中国で星を二十八宿にまとめた、その星座。

ほとおりぼし【星宿】

二十八宿の星せい宿の和名。海蛇座の七星からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の星宿の言及

【星宿】より

…〈しょうしゅく〉とも読まれ,古代中国において天球上の28の星座を意味する二十八宿のことであるが,仏教の尊像としては〈星宿〉より〈宿曜(しゆくよう)〉という語があり,二十八宿をはじめ十二宮,七曜および九曜なども含め,星や星座を神格化した諸尊を総称していう。これらは単独で信仰され造像されることはないが,密教の修法である北斗七星法に用いる北斗曼荼羅(星曼荼羅)の中に表される。…

※「星宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

星宿の関連キーワードキトラ古墳と四神図キャレン(札陵)湖ギャリンノール佐藤 佐太郎キトラ古墳林吉左衛門ローヒニー襷星・翼宿佐藤佐太郎ほとおり星星の宿り二十七宿石坂常堅海蛇座具注暦和名七星氐宿辰宿星躔

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android