コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二桃三子を殺す ニトウサンシヲコロス

デジタル大辞泉の解説

二桃(にとう)三子を殺す

《中国の春秋時代、斉(せい)の景公に公孫接・田開疆(でんかいきょう)・古冶子(こやし)の三人の勇士があり功を誇ってわがままであったが、宰相晏子が計らって三人に2個の桃を与え、互いに争わせて自殺させたという「晏子春秋」諫下の故事から》奇計によって人を自滅させるたとえ。二桃三士を殺す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にとうさんしをころす【二桃三子を殺す】

〔晏子春秋 内篇、諫下
奇計をめぐらして人を自滅させること。 〔斉の三勇士(公孫接・田開彊・古冶子)が横暴なので国を危うくすると考えた晏子が、景公に進言して三人に二個の桃を贈り、互いに争わせて自殺に追い込んだという故事に基づく〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android