晏子春秋(読み)あんししゅんじゅう(英語表記)Yan-zi chun-qiu

世界大百科事典 第2版の解説

あんししゅんじゅう【晏子春秋 Yàn zǐ chūn qiū】

中国の春秋時代,斉の名宰相であった晏嬰(あんえい)の言行を集録した書。8編で200章以上の説話がある。成立年代は異説が多いが,春秋期のものでないことは確実。ほぼ戦国期の斉(前386‐前221)の地で晏嬰の名に託して編成されたものである。内容は《戦国策》など他書と合うものが多く,儒家の仁政や墨家の兼愛と倹約の思想をとりいれている。事実の記録であるより歴史小説的なふくらみが強い。【金谷 治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

晏子春秋
あんししゅんじゅう

中国、春秋時代、斉(せい)の霊公、荘公、景公の3代に仕えた宰相晏嬰(あんえい)の言行を集録した書。『漢書(かんじょ)』の「芸文志」の諸子略の儒家類には単に『晏子』と称する。中唐の文人、柳宗元(りゅうそうげん)がこの書を斉国在住の墨翟(ぼくてき)の徒の作とみなして以後、書目によっては墨家類に列する。なお、『四庫全書総目提要』ではこれを史部伝記類に収める。現行本が司馬遷(しばせん)、劉向(りゅうきょう)、班固(はんこ)などがみた書と同一物であるか、それとも後人の編纂(へんさん)物であるか、判然としない。現行本は内篇(ないへん)と外篇とに二分され、前者は諫(かん)上下、問上下、雑上下の6篇、後者は上下の2篇からなる。内容的には、もっぱら治政の要諦(ようてい)としての勤倹力行が説かれているが、各篇相互に同工異曲の問答、説話を数多くみいだすことができる。資料的には格言や説話の宝庫として活用できよう。注解としては呉則虞(ごそくぐ)『晏子春秋集釈』が優れている。

[伊東倫厚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あんし‐しゅんじゅう ‥シュンジウ【晏子春秋】

中国、春秋時代の斉の宰相、晏嬰(あんえい)の言行録。単に「晏子」ともいう。全八編で、斉の景公、孔子などにも影響を与えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報