コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次災害 ニジサイガイ

デジタル大辞泉の解説

にじ‐さいがい【二次災害】

ある災害が起こった後に、それがもとになって起こる別の災害。豪雨のため地盤が緩んで起こる土砂崩れ、地震でガス管が損壊したことによる爆発事故、救助隊の遭難や被災などの例がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にじさいがい【二次災害】

最初に起こった災害に引き続いて、それから派生する別の災害。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二次災害の言及

【災害】より

…地震が発生して市街地内のあちこちの施設が破壊され,それによって交通麻痺やいろいろな機能麻痺が起こり,普段であれば消せる火災が延焼火災に拡大したり,水道,ガス,電気が止まったために生活ができなくなるという地震の直接的被害でない二次的な被害も出る。地震によって家屋が倒壊するような直接的被害を一次災害と呼び,火災などのような直接的被害に連鎖して起こる災害を二次災害と呼ぶ。また,機能障害や経済的障害のようなものを三次災害と呼んでいる。…

※「二次災害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二次災害の関連キーワード被災宅地危険度判定連絡協議会被災宅地危険度判定士化学兵器による中毒リアルタイム地震学ハザードマップ応急危険度判定C・C・BOXゆっくり地震都市型災害深層崩壊仮設工事防災公園火山災害山はね古鷹山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二次災害の関連情報